PMSにおすすめの漢方薬

PMSにおすすめの漢方薬

 

PMSは風邪と違い、人によって様々な症状が出てきます。頭や腰が痛い場合は鎮痛剤を服用すると痛みそのものはなくなりますが、根本的に解決したわけではなく、月経前になると再びひどくなってしまうことがあります。

 

PMSは月経前症候群とも呼ばれ、生理の1週間前から生理直前まで続きます。生理が開始されると落ち着くのが特徴の一つです。主にイライラや急に泣きたくなるといった精神的なことや、頭痛、腰痛、下腹部痛、吹き出物ができる、便秘や下痢になる、めまいや吐き気をもよおす、不眠になるといった身体的なことが症状として現れてきます。

 

イライラに関しては、家族を巻き込んでしまうこともあり、悩みの一つとなっています。

 

PMSは人によって症状の重さや程度などが違うので、漢方薬を服用し、体の内側から改善するようにします。

 

PMSにお悩みの場合、加味逍遥散や当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、温経湯、桃核承気湯といった漢方薬がおすすめです。

 

特に加味逍遥散や桂枝茯苓丸、当帰芍薬散は女性特有の悩みに良く処方される漢方薬となっています。

 

加味逍遥散と当帰芍薬散は比較的疲れやすい人に向いている漢方薬です。当帰芍薬散はむくみがひどい場合に、加味逍遥散はイライラが止まらない場合に効果が現れやすいです。

 

体力が平均的な場合は、桂枝茯苓丸が使われますが、桂枝茯苓丸は肩こりやめまい、下腹部痛、頭痛、のぼせ、冷え、イライラとPMSで起こる様々な症状に対応することができます。

 

温経湯もまた、女性ホルモンを調節する効果があります。PMSは女性ホルモンの変動で起こるので月経後から飲み始めると効果が出やすくなります。

 

桃核承気湯は、主に便秘やのぼせがひどい場合に用いられます。イライラや不眠といった精神面や頭痛、腰痛といった身体面でも効果が出やすいです。

 

ただし、桃核承気湯はある程度体力がある人に処方されます。飲むとお腹が緩くなることがあるので、自分の体力がどのくらいかをしっかりと把握することが必要となります。

 

漢方薬はPMSに効果を示しますが、自分と合っているものを長期間服用しないとなかなか効果は現れません。そのため自己判断でなく専門医に相談すると良いでしょう。