漢方薬に副作用はあるのか

漢方薬に副作用はあるのか

漢方薬は医師が必要に応じて処方してもらえます。

 

なお多くは附子と言う劇薬が入っているので、複数の薬を飲まれている場合は自分の判断で飲まれると心拍数があがるなど副作用しか出ない場合があります。

 

また体質によって処方が変わってきますので、他人に効果があった物が自分にも効果がある保障はありません。

 

自分に合わない漢方薬は毒でしかないので逆に体を弱める行為になります。

 

もし漢方薬で治療したい場合は時間を見つけて医師の受診をうけて副作用が出にくい薬を処方して頂くことが大切です。

 

効き始めには数日から2週間程度の時間が必要となるので即効性はありません。また症状が緩和してきた場合は医師の指示の元で服用回数を減らすことも出来ますし、再発予防の意味でも治癒後も服用が認められる場合があります。

 

この症状にはこの漢方薬と言う決まりがありませんので、処方される薬は違うものになることもあります。

 

副作用を利用して治療する場合もありますがつらい場合は服用は控えた方が良い場合があります。

 

記載のように附子と言う劇薬が入っている漢方薬が多いので、服用して湿疹が出たりした場合は緊急で病院に行った方が良い場合があります。

 

副作用が出た場合は無理に服用しないで控える事が大切になります。

 

漢方薬は無害のことが多いですが、他の病院の薬を服用している場合は思わぬ症状が現れる場合もありますので、受診の際にお薬手帳を持って行くことも大切になります。服用の薬によっては処方できない場合がありますので、その場合は医師の指示を仰ぐことになります。

 

他の方法もある場合が多いので解決策がある場合は、そちらを選択する方が安心に体調管理を行える場合がありますので医師と相談されることをお勧めします。